グラフィック制作
グラフィック制作ポリシー

グラフィック制作ポリシー

配置する小さなパーツまでもオリジナルにこだわった超硬派なグラフィック制作。
素材の質・タッチのばらつきが最小限にできます。
フリーや購入した素材集からコピペ・配置したものをデザインとして扱いません。

制作ポリシー

0(ゼロ)からすべて自ら創ります
独創的・ありそうでなかったオリジナルを制作します。
予算をとってご依頼頂いているため、ありもののパーツを組み合わせるだけ・フォントを入力しただけのようなことはしません。
「どうしても」と指定され権利をクリアしていれば、他者製(グループでの場合はそれら以外)の素材に対応します。
オリジナルデザイン(図案)
多くのご要望を同時に反映でき、モチーフの微妙な特徴を活かした表現です。
  • フリー素材では要望に完全に一致しない的外れなものとなり、パクリ作品では角が取れて別のものをモチーフにしたようになりがちです。
  • フリー素材と比べて、同業者・競合他社やイメージ・評判の悪い他のサービスなどと一部が共通する可能性はかなり低くなります。
  • そもそもフリー素材を使って行う作業は「コピペ」であって「デザイン」ではありません。
  • フリーとして配布されていも元のライセンスと異なる表記で再配布されている場合もあるようです。
  • 広く出回っている素材はイメージが特定の団体などに結びついている場合があり、見飽きてスルーされる広告と同じ素材では目に止まらないなどの独自性の問題があります。(これに対応するために使用期間が設定され使用履歴の管理を行っている素材もあります。)
オリジナルフォント(書体)
ロゴタイプはオリジナルフォントを使用します。
  • スタイル x セリフ x ウェイトを組み合わた複数のものを用意しています。
  • 規定の仕様で仕上がりサイズを変えて制作したものもあります。(既成フォントでありがちな、希望全体サイズに対して文字数が少なく単純に水平方向に拡大や、文字数が多く単純に水平方向に縮小して、角Rが垂直と水平方向で違った大きさになり「いかにも拡大・縮小して間に合わせた残念な仕上がり」にならないために。)
  • フリーとして配布されていても実際の権利所持者の意向か確認が困難で、有料のものがフリーとして配布されている場合もあります。

ページトップ

inserted by FC2 system