ライブラリー

制作をスムーズに進めるために、すぐに利用できるように用意してある各種オリジナル素材のライブラリーと業務に関する基本から専門的な情報の資料です。
各素材は、依頼いただいた業務でそのまま使用することはもちろん、新たに作成する際の雰囲気・タッチ・配色などの指定に利用できます。

オリジナルベクターグラフィック素材

複数の素材を組み合わせても品質のばらつきがないようにカテゴリー・シリーズごとに仕様の統一を図っています。
ベクター形式のグラフィック素材は、基本サイズ100 x 100に対してGUIの限界となる0.001(1/10000)まで全てのアンカーポイントを精密に調整しています。

形状

疑似三次元形状

オリジナルグラフィック素材

二次元グラフィックでの立体的な形状の表現は投影(遠近感)を揃えています。
基本的に二等角投影・等軸測投影(等角投影)の平行投影図ですが、場合によって「三次元処理から得たの独自の基本形状(三点透視のような)」を利用したリアルな中心投影図としています。

疑似三次元陰影・反射

陰影・反射エリア

二次元グラフィックでの立体的な表現の安定とリアルさ(なめらかさ)を増す品質向上のため、反射の形状と陰影のグラデーション範囲を定義しています。

基本配色

疑似三次元配色

三次元配色

二次元グラフィックでの立体的な表現の安定(配色を揃える)のため、使用する色は独自の数式を使用して得ています。
前面色から上面色・側面色を算出します。

パレット

Hue Ajax(ヒューアイアス)

二次元グラフィックでの色相環を利用した配色を行う際の効率を上げるため、独自のパレットオブジェクト(Hue Ajaxヒューアイアス)を使用しています。
中心から円周にかけては一般的な彩度ではなく明度で、彩度ごとに断面的な別のオブジェクトとしています。
「等間隔の12の相色」を「等間隔の明度で7枚」重ねてまとめ「4段階の彩度」に展開した「Hue Ajax 12」と、「等間隔の16の相色」を「等間隔の明度で7枚」重ねてまとめ「2段階の彩度」に展開した「Hue Ajax 16」、虹色用の「Hue Ajax 7」があります。

応用配色

Plastic Weather Gradient

Plastic Weather Gradient A

疑似三次元陰影・反射に「Diffuse Reflection Area A」・疑似三次元配色に「3D Color A-RGB-0」・パターンに「Plastic」・環境に「Weather」を使った陰影グラデーションセットで、統一感のある安定性と多彩なバリエーションを両立しています。

必要に応じて作成した色のバリエーションを蓄積することで三次元カラーパレットとしても利用できます。
金属的な表現を目指して「Metal」パターンを計画中です。

その他、目的に応じて視点・位置・角度などの変更ができる三次元素材や、ラスター形式のテクスチャー素材なども用意しています。

オリジナルフォント

ロゴタイプを商標登録する際の権利問題をクリアするために制作したオリジナル書体です。

資料

全ての業務で共通する見る人々が感じるイメージに大きく影響を与える色などの資料です。
各業務固有の資料はそれぞれのページにあります。

ページトップ

inserted by FC2 system